静岡県富士市今泉にある幼稚園。英語会話教室や体操教室、絵本を多く取り入れております。1才児・2才児からの親子教室も行っております。

いまいづみ幼稚園
お問い合わせ・入園ご案内
お知らせ
園便り
アクセス
お問い合わせ
トップページへ
沿革
特色
入園について
幼稚園の1年間
施設
 

>園便り一覧へ

いまいづみ幼稚園 情報公開
[2019-09-30]
令和元年度 学校法人今泉学園 いまいづみ幼稚園 情報公開

財務状況
【資金収支計算書】
【事業活動収支計算書】
科目
決算額
<収入の部>
学生生徒等納付金収入
116,122,740
寄付金収入
370,000
補助金収入
52,421,700
受取利息・配当金収入
53,106
資産売却収入
400,000
付随事業・収益事業収入
補助活動収入
35,798,260
雑収入
2,449,263
借入金等収入
0
前受金収入
5,100,000
その他の収入
7,278,306
内部資金収入
0
資金収入調整勘定
△11,298,332
前年度繰越支払資金
46,111,243
≪収入の部 合 計≫
254,806,286
<支出の部>
人件費支出
109,376,931
経費支出
73,219,902
借入金等利息支出
306,258
借入金等返済支出
4,360,000
施設関係支出
11,610,000
設備関係支出
5,757,760
資産運用支出 0
その他の支出
2,410,048
予備費
0
資金支出調整勘定
△2,676,811
翌年度繰越支払資金
50,442,198
≪支出の部 合 計≫
254,806,286

【財産目録】

科目
金額
資産合計
962,026,475
有形固定資産
287,626,048
流動資産
674,400,427
負債合計
105,911,806
固定負債
93,942,695
流動負債
1,1969,111
差引正味財産 568,488,621
科目
決算額
<収入の部>
教育活動収入計
179,218,108
学生生徒等納付金
116,122,740
寄付金
710,804
経常費等補助金
52,421,700
付随事業収入
35,798,260
雑収入
2,449,263
教育活動外収入計 53,106
特別収入(事業活動収入)計
399,999
≪事業活動収入合計≫ 207,955,872
<支出の部>
教育活動収入計
人件費
109,376,931
経費
85,470,873
教育活動外支出計
306,258
     ≪事業活動支出合計≫
195,154,062
基本金組入前当年度支出計
12,801,810
基本金組入額合計
0
当年度収支差額
12,801,810
前年度繰越収支差額
△175,641,445
翌年度繰越収支差額 162,839,635

【貸借対照表】

科目
本年度末
《資産の部》
674,400,427
固定資産
616,978,897
流動資産
57,421,530
資産の部合計
674,400,427
《負債の部》
109,237,223
固定負債
93,942,695
流動負債
11,969,111
負債の部合計
105,911,806
≪純資産の部≫
基本金の部合計 748,298,266
第1号基本金
736,590,219
第4号基本金
11,708,047
繰越収支差額 △178,809,645
      翌年度繰越消費収支差額
△179,809,645
純資産の部合計
568,488,621
負債及び純資産の部合計
674,400,427
注)より詳細をお知りになりたい方は法人事務所に閲覧資料がありますのでお越し下さい。
令和元年度 いまいづみ幼稚園 学校関係者評価    [令和2年5月1日実施]
自己評価結果 学校関係者評価 評価点
保育の計画性
3.4
・定着した保育が行えている事は、人事の入れ替えが少なかっただけでなく、意識の高さを感じた。
年度末の新型コロナウイルス感染拡大防止に関する保育の工夫の大変さを感じると共に、その中でも子どもを中心にした取り組みは大変良かったと思う。
保育の在り方
・幼児への対応
3.7
・いまいづみ幼稚園は常に子ども主役で保育が行われていることを感じます。
・インクルーシブ教育を更に深めていくために、これまでの幼稚園独自のやり方に加え、専門的スキルを持った職員を入れたことによる成果を多いに期待します。
保育者としての
能力や良識・適正
3.8
・先生の立場によって、もっと任せる部分を多くしても良いのではないか。分担して任される事で、より皆がすこしづつより強い責任感を持ち、全体的にも余裕ができるのではないかと思う。
保護者への対応
3.7
・伝えすぎ、伝えなすぎ、どこのラインが適当であるのかを判断することが難しい時代です。特に今の世の中はSNS等、言葉がひとり歩きをして、つぶやいた本人が思いもよらない展開になることも多いでしょう。保護者への適切な対応は子どもの為だと思い今後も丁寧に行ってほしい。
地域の自然や
社会との関わり
3.0
・地域の人々や高齢者との関わりが希薄になってきている現代だからこそ、大切な試みであると感じます。ボランティアを多く取り入れることはとても良いと感じた。
B
研修と研究
3.5
・保育現場だけでない職務の多さは感じているので、園内研修の時間の確保が難しいことは感じることはできます。しかし、質の高いいまいづみ幼稚園が更に進化するよう頑張ってほしい。
B
※結果の表示--0.1p~1.0p・・・取組が不十分 1.1p~2.0p・・・取組んでいるが達成されていない  2.1p~3.0・・・達成されている  3.1p~4.0p・・・十分達成されている

※評価点の表示--A・・・十分に成果があった。  B・・・成果があった  C・・・少し成果があった  D・・・成果がなかった
総合評価
・昨年の反省を生かした保育や考え方、捉え方に工夫ができていた一年を感じている。しかし、教諭同士で刺激しあうだけでなく、指導しあうところまではいきにくい。もっと園内研修の工夫を要する。
・年度末は新型コロナウイルス感染拡大防止のための保育や保護者の方々の理解や協力を得る為に工夫に多くの時間を要した。このことを教訓にして、当園なりのガイドライン作成など、様々な状況においても慌てることのない体制づくりを目指す。
事業実績報告書   令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)

1.令和元年度事業実績報告
(1)園児数の状況
 
平成31年度尾の園児募集の結果は、本格的かつ止まることのない少子化傾向の中で、H26年~H28年の予想もしない園児数の極端な減少を克服し、創立70周年には完全にこのH26年の不幸を約5年で取り戻せす戦力的事業計(「未来館」を建設し、子育て支援事業①「エン・ケラ・プンサークル」②2歳児クラス「ひよこ組」の定着、本格的英語教育GS(グレープシード)の実施等)と教職員達の質の高い能力と努力の結晶により、卒園児数より多くの新入園児を迎えることができました。(平成31年度5月1日現在で247名の在籍数が、ひよこ組の満3歳児を入れて年度末には273名となる)

(2)経常費補助金
 令和元年度経常費補助金実績は、園児一人あたり181千円で、昨年度に比べると全体で350千円の減でした。経常費補助金についての理解と更に深め、改善や取り組みの工夫等の努力が必要であると感じています。

(3)英語教育について
 ・園児のGSコース希望者は増えつつあります。今のところ各学年の定員(3クラス60名)を越える事はありませんが、保護者には子どもの様子とGS環境を考慮した選択ができるようアドバイスがもっと必要であると感じています。
 ・小学生の部「フレンドクラブ」は、最高学年が5年生で、総勢110名強でスタートしました。高学年になると学校や他の稽古事等の兼ね合いで退会者が増えますが、昨年度に比べて退会者が少なかったことは実績と認識されてきているところにもあるように感じます。次年度は6学年がそろい、一期生である5・6年生については結果を出す時期にあることから、それぞれの学年に合わせたレッスンの工夫と実践をしていく予定です。

(4)教職員体制
 *退職・・・・・・・7年勤務した才能あふれる教員が1名退職
 *新規採用・・・時短職員(1名):放課後デイサービスの職員経験者。発達障害に関する知識とスキルを活かして、インクルーシブ教育の充実を図るために雇用。
 *パートタイマー(1名):2歳児クラス「ひよこ組」のティームティーチングの一人として雇用。
 *復帰・・・・・・・第2子出産・育児休業で令和2年7月まで休職していた中堅教諭が8月より復帰。復帰後は広報や手紙作成等現場の事務やフリー教諭として大きな力になった。

(5)その他
 *3年ぶりに、時期を変えて(4月~9月)親子バス遠足を復活させたことによる園児福利費の増額がありました。
 *北園舎2階テラスのおおがかりな修繕を計画していましたが、業者の都合により次年度へ繰り越す事となりました。その分、地球温暖化が進む中、夏の猛暑に向けた対策を先に行う事にしました。(キュービクル(変電の装置)と空調機器の設置 ※まだ空調設備が整っていないクラスが5部屋ありますが、令和2年度に行う予定です)今後は設備使用の必要性とランニングコストを考えた使い方を全職員で確認して実用する必要があると感じています。
 *夏の台風により、南駐車場の紙倉庫の屋根やペアレンツハウスの玄関軒が破損し修繕を要しました。南倉庫は取り壊し、地面を平らにして駐  車場の入り口と出口をつくり、駐車場混雑の緩和を図りたいと思います。
 *湧水による川沿いの陥没修理・・・幼稚園東側の川との境界付近で陥没箇所があり修繕を行いました。しかし川自体の対策も必要と感じ市役所へ相談したところ対応をして頂きました。
 *新型コロナウイルス感染拡大防止策として、手作りドーナツの継続が困難であると判断しました。母の会幹部役員の方々のご尽力もあり、幼稚園のドーナツレシピで作ってくれる業者を見つける事ができました。3月の誕生会より急きょ委託することとなりましたが、衛生面等を考慮すると今後も継続して委託することに決定しています。
    
2.学校評価について・・・上記参照








(1)学校評価について
  令和2年3月 教職員による学校評価(これを理事長に報告}
  令和2年5月 上記自己評価結果をもとに学校関係者評価を実施
  令和2年5月中にホームページにて情報開示する予定
 
(2)情報開示

  令和元年度決算概要及び上記学校評価の結果を幼稚園ホームページにて情報開示予定。

(6)法人会議

  次の通り実施した

    ・平成31年5月24日    *平成30年年度①事業実績②収支決算について
                     *平成31年度年度予算(案)の一部補正について
                     *平成30年度学校評価について

    ・令和2年3月6日       臨時理事会 (寄付行為について)

    ・令和2年3月23日     *令和元年度補正予算(案)について
                     *令和2年度事業計画及び収支予算(案)について
                     *令和元年度自己評価について(報告)
 
小鳥たち 学校法人 今泉学園 いまいづみ幼稚園 〒417-0001 静岡県富士市今泉5-8-2 TEL:0545-52-6006 FAX:0545-52-6016
Copyright (C)Imaizumi Kindergarten All Rights Reserved.